教育費の準備

指を指す女性

子どもが産まれると考えるのが教育をを準備することです。よくあるのが子供が産まれたから学資保険に入りたい、確かに教育費を準備するための手段のひとつではあります。ですが、学資保険に入ることが目的でしょうか、それは手段であって目的ではないです。目的は教育費を準備することです。保険見直しをすると、教育費は何も学資保険だけで準備をしなくてもよいのです。教育費というお金を準備できればいいので、貯蓄や国債、株式を購入して教育費を準備してもいいのです。必要なときに必要なお金が準備できるのであれば何も学資保険だけに頼らなくてもいいのです。保険見直しをすると学資保険は毎月定額ですが支出が増えたり収入が減ったりすることを考慮していないので途中で解約してしまうケースも多いのです。

学資保険見直しとして、貯蓄性の高い保険ではあるのですが、これは昔の話です。昔は金利が5%以上ありましたので預けておけば10年くらいすると預けた金額の倍の金額になっていたのです。そのためリスクの高い商品よりも貯蓄性の高い保険にしておけば安心であるという風潮があるため、教育費は学資保険となっているのです。しかし、今の低金利時代では今後の物価上昇に対応することができないです。学資保険の保険見直ししていくら払っていくら受け取るのかを計算するよりも、必要な金額を計算して必要な金額を準備するのであれば、教育ローンや奨学金を受けて準備するのもいいのです。お金を借りる時にはきちんと返済計画を立てたうえで利用をします。