加入に関する情報

保険の交渉

今、家計節約の方法のひとつとして注目されているのが、保険見直しです。万が一に備えて、多くの人が生命保険や医療保険に加入しますが、生命保険の医療特約と医療保険の内容が重複しているということも意外に多いのです。だから、これらを見直すことで、加入してる保険をスリム化し、余計な支払保険料を節約しようというのが保険見直しです。 保険見直しでは、多くの場合、今まで加入していた保険を解約し、新たな保険に加入することになりますが、被保険者がここ数年の間に大きな病気をしていたり、健康状態が悪化したということがあると、新しい保険への加入を断られてしまうことがあります。保険見直しをしたからと、さっさと古い保険を解約してしまうと、最悪の場合、無保険状態になってしまう危険性があります。保険見直し後の古い保険の解約は、できるだけ新しい保険に加入したあとに行うようにしましょう。

保険相談窓口で行われる保険見直しでは、まず、ファイナンシャルプランナーに現在加入している生命保険や医療保険の保険証券を見てもらい、補償や特約の内容を確認することになります。そして次に、相談者の提示したライフプランと、下冤罪の生活にかかっている費用などから、今後の生活に必要な補償を計算し、その結果にピッタリの保険を、ファイナンシャルプランナーに紹介してもらう、という流れになります。このため、保険相談窓口に行くときには、保険証券を用意するだけではなく、水道光熱費など現在の生活にかかっている費用について把握しておくことと、大まかでよいので今後のライフプランについて考えておくことを忘れないようにしましょう。